ウォルフガング・ムースピール、ブライアン・ブレイドとスコット・コリーのトリオで8月に来日

 ブラッド・メルドーやアンブローズ・アキンムシーレらを迎えたECM盤『ライジング・グレース』がロングセラーを続けるジャズ・ギタリスト、ウォルフガング・ムースピール(Wolfgang Muthspiel)が、ドラムにブライアン・ブレイド、ベースにスコット・コリーという最高峰メンバーとともに来日。8月9日(木)から11日(土)までの3日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて公演を開催します。

 オーストリア生まれのムースピールは10代の頃から神童として名を馳せ、渡米後にゲイリー・バートンやポール・モチアンと共演。2002年に帰国してからは自主レーベル「Material」を設立し、ヨーロッパ・ジャズのアイコン的な存在となりました。

 本公演には、2016年に発表した『ライジング・グレース』の参加ドラマーであり、フェロウシップ・バンド名義で2017年に発表したアルバム『ボディ・アンド・シャドウ』も高い評価を得ているブライアン・ブレイド、ジム・ホールやパット・メセニーとの共演でも知られるスコット・コリーが帯同。座席の予約は4月7日(土)より受付開始。詳しくはCOTTON C……(中略)…… り受付開始。詳しくはCOTTON CLUBのオフィシャル・サイトでご確認ください。

[embedded content]

記事の全文を読む⇒(CDJournal) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース