リヤ・ペトロヴァ 来日直前インタビュー 『名曲の花束 ソフィア・ゾリステン&リヤ・ペトロヴァ』に出演

2019年11月9日(土)Bunkamuraオーチャードホール、10日(日)たましんRISURUホール(立川市民会館) 大ホールにて、『名曲の花束 ソフィア・ゾリステン&リヤ・ペトロヴァ』が上演される。本公演に出演するヴァイオリニストのリヤ・ペトロヴァは、2016 年カール・ニールセン国際音楽コンクール ヴァイオリン部門優勝、ブルガリアの至宝ともいわれている。17 回目の来日公演を前にリヤ・ペトロヴァのインタビューが届いたので紹介する。

ーー2016年カール・ニールセン国際音楽コンクール優勝によって、変化はありましたか?

私という人物は全く変わっていませんが、プロとしての新たなチャンスを数多くいただきました。新たな扉が開いたので、とても幸せなことだと感じています。優勝後、様々なオーケストラや偉大な音楽家の方々と数多く共演させていただき、パリのルーヴル美術館、ベルリンのコンツェルトハウス、ブリュッセルのパレ・デ・ボザールなどヨーロッパ中のステージでも演奏することができました。

最大の出来事は Orchid Classics というレーベルか……(中略)…… :幻想曲 BWV.542

15. パガニーニ:ラ・カンパネラ(※)

16. シューベルト:アヴェ・マリア(※)

17. サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン(※)

(※)リヤ・ペトロヴァ

※曲目・曲順等が変更になる場合がございます。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース