フレデリック、メンバー4人の共通認識「突拍子もないことを言っても受け入れる」

J-WAVEで放送中の番組『RADIO DONUTS』(ナビゲーター:渡辺 祐・山田玲奈)のワンコーナー「NITTOCHI LUNCHTIME AVENUE」。10月5日(土)のオンエアでは、フレデリックの三原健司(Vo/Gt)、三原康司(Ba)が登場。2nd EP『VISION』を語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月12日28時59分まで)

健司と康司は双子で、健司は活発で康司はのんびりと性格は対照的だ。高校の軽音楽部でバンドをはじめたふたりは、部活で部長と副部長だった。健司はバンド結成について「二卵性双生児で顔も性格も違うからこそ助け合いになるのではと思った。僕にできることと康司にできることは違うので、ふたりで合わさったらすごい力になるだろうなと思って始めました」と話した。

■「アコースティックで踊ってもらえる景色を」

フレデリックは10月9日(水)に2nd EP『VISION』をリリース。EPには、先行配信中の『VISION』を含む新曲3曲と4月に新木場STUDIO COASTで行われ……(中略)…… TS』放送日時:毎週土曜 8時-12時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/radiodonuts/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース