宝塚歌劇団所属演出家・原田諒を迎え新解釈のオペラ『椿姫』上演が決定 指揮ジャコモ・サグリパンティが初来日

『椿姫』<新制作>

オペラ全3幕

日本語字幕付き原語(イタリア語)上演

台本:フランチェスコ・マリーア・ピアーヴェ

作曲:ジュゼッペ・ヴェルディ

会場:東京文化会館 大ホール

公演日:2019年2月19日(水)~23日(日・祝)

2020年2月19日(水) 18:30

2020年2月20日(木) 14:00

2020年2月22日(土) 14:00

2020年2月23日(日・祝) 14:00

出演:

指揮:ジャコモ・サグリパンティ

演出:原田諒(宝塚歌劇団)

<2/19(水)・22(土)>

ヴィオレッタ:大村博美

フローラ:加賀ひとみ

アンニーナ:増田弥生

アルフレード:城宏憲

ジェルモン:今井俊輔

ガストン:高柳圭

ドゥフォール:高田智士

ドビニー:北……(中略)…… の愛を訴えるが、それも虚しく、失意の中で別れを決意する。ヴィオレッタからの一通の置き手紙を読んだアルフレードは、彼女の不意の裏切りに逆上してしまう。

数か月の後、ヴィオレッタは病に侵され自宅で床に臥せていた。そこへすべての実情を知ったアルフレードが彼女のもとに駆け付けるが、時はすでに遅く――

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース