池松壮亮「20代をずっと一緒にいたような感覚があります」 映画『宮本から君へ』への思いを語る

J-WAVEで放送中の番組『GOOD NEIGHBORS』(ナビゲーター:クリス智子)。9月26日(木)のオンエアでは、俳優・池松壮亮が登場。主演をつとめた映画『宮本から君へ』を語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月3日28時59分まで)

■蒼井優との共演に「素晴らしい人・女優さんと作品を共有できたことを誇りに思う」

『宮本から君へ』は新井英樹の名作漫画が原作で、2018年にドラマ化もされており、池松が長く付き合ってきた作品だ。熱血営業マン・宮本 浩(池松)が、仕事仲間の中野靖子(蒼井 優)と恋に落ち、ふたりを中心に物語が進んでいく。宮本を演じるにあたり、池松は「すごく時間がかかった」と明かす。

池松:20代をずっと一緒にいたような感覚があり、思い入れがあります。初めて手元に原作をいただいたのが22歳で、いま29歳なので、7年ぐらい一緒にいますね。そういうことはすごく稀なことですし、そこまで追いすぎてしまうと、他の仕事が入ってくるとできないので、頓挫して「暇になっちゃった」という……(中略)…… 送日時:月・火・水・木曜 13時-16時30分オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/neighbors/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース