山梨で女児が行方不明となり10日、警察の捜索は不審人物捜しに比重

9月21日(2019年)に山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で行方不明となった小倉美咲ちゃん(7)。懸命の捜索にもかかわらず、手がかりがまったく得られないまま今日30日で10日となる。自衛隊は一昨日(9月28日)に撤収し、警察も今日以降捜索体制を縮小する。「自分が何かできることがあれば行ってみよう」とボランティアも集まって捜索を続けているが、結果は出ていない。

「不審な人や車を見なかったですか?」警察の質問が変化

警察もあきらめたわけではなく、周辺住民への聞き込みが続けられている。しかし、その内容には微妙な変化が。300メートルほど離れた住宅に住む男性によると、少し前まで警察の質問は「そこの小屋を見せてください」「別荘で(人が)来ていない家はどれですか」だったのが、この週末は「不審者を見かけませんでしたか?」と変わってきた。現場から3キロ離れたキャンプ場関係者に対しては「監視カメラがついていないか」「不審な車がないか」といった聞き込みを行っている。

警察は捜索規模を縮小しているが、その一方で範囲は広げている。行方不明現場を中心に道志川に沿って13キロ、さら……(中略)…… 持ちを考えると難しい」

山田秀雄弁護士「これだけの人数をかけて見つからないし、見つかりにくい場所でもない。少し前から事件の可能性が高いと考えていた」

石黒賢キャスター「親御さんの気持ちを思うと早く見つかって欲しい」

文・みっちゃん

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース