「水着着るだけで」職業蔑視も経験したグラドル・川崎あやの情熱

今年7月、人気絶頂のなか、来年3月にグラビアアイドル引退を表明した川崎あやさん。

多くのグラビアアイドルが歌手や女優、タレントへと転身していくなか、川崎さんは「私にとってグラビアアイドルは通過点ではなく、ゴールだった」と引退を表明。

『週刊プレイボーイ』『週刊ヤングジャンプ』など人気青年誌の表紙を飾るなどトップグラビアアイドルにのぼりつめた川崎さんは、なぜ“王道ルート”を選ばなかったのか。

そこには「グラビアアイドルを取り巻く偏見」に敢然と立ち向かった歴史と、弱い心に寄り添う優しい哲学が秘められていました。

〈聞き手=サノトモキ〉


【川崎あや(かわさき・あや)】神奈川県出身。O型。身長167cm、B80/W52/H88。趣味:ガンプラ、『名探偵コナン』、競馬。驚異のウエスト52センチというスタイルから「くびれスト」と呼ばれている。2018年、表紙を飾った『週刊ヤングジャンプ』が記録的な売上を達成し、その後数々の雑誌の表紙を飾る人気のグラビアモデル。 Twitter:@kawasaki_aya Instagra……(中略)…… で少し気持ちが楽になったらうれしいです。

〈取材・文=サノトモキ(@mlby_sns)/編集=天野俊吉(@amanop)/撮影=長谷英史(@hasehidephoto)〉

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース