梨花が手がけるブランドの本店が閉店「とうとう来たか」と心境明かす

【モデルプレス=2019/09/29】モデルの梨花が手がける「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」代官山本店が29日、最終営業日を迎えた。梨花本人も店舗を訪れ、集まったファンと記念撮影。来店前に報道陣の取材に応じ、ブランドの歩み、そして今後の展望を明かした。

【写真】梨花、胸元SEXYドレス姿で登場

◆「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」代官山本店が閉店
2012年4月12日、代官山本店をオープンした「MAISON DE REEFUR(メゾン ド リーファー)」。梨花のセンスが光るオリジナルアイテムやセレクトアイテムが好評を博し、営業初日には2000人、1年間で35万人が訪れたという盛況ぶりで、瞬く間に人気ブランドに成長。

以降、ルミネエスト新宿店、博多店など店舗数も拡大。約7年にわたって広く愛されてきたが、今年3月、梨花が自身のInstagramにて年内をもって国内の全店舗を閉鎖することを発表した。

代官山本店最終営業日となったこの日、ショップにはオープン当初から通い続けたファンをはじめ、代官山本……(中略)…… たら多分気づけなかった」と語り、最後にファンに向け「改めてそう感じている時だからこそ、何か皆へのメッセージや繋がりは持っていたいと思うから、また次を楽しみに待っててほしいな」と呼びかけた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース