Cocco、「歌をやめよう」とジュエリー職人に弟子入り…そこで生まれたアルバム『スターシャンク』

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「MUSIC+1」。9月26日(木)のオンエアでは、Coccoが登場。3年ぶりにリリースされるアルバム『スターシャンク』を語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月3日28時59分まで)

■ジュエリー職人としての第一歩がアルバムに

最新アルバム『スターシャンク』が10月2日(水)にリリースされる。Coccoは去年、歌うことをやめて、ジュエリー職人になるための修行をしていたという。『スターシャンク』というタイトルは、最初に学んだ技術の名前からきている。

Cocco:ジュエリー職人の第一歩で、シャンクというパーツとパーツをワイヤーでぐるぐるにするワザがあって、「それをやりなさい」って言われて、毎日やっていました。それまでは「溶接しないとできないな」と思って諦めていた、自分で昔から作ってたジュエリーがいっぱいあったんだけど、シャンクができるようになったら全部完成しました。「人生のヒント」みたい……(中略)…… P ONE』放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース