関電役員らが多額の金品受け取る不祥事 国内原発の再稼働に影響か

 平成23年の東日本大震災後、5年以上かけて4基の再稼働にこぎつけていた関西電力。

 残る3基も安全審査に合格しており、役員らが多額の金品を受け取っていた今回の不祥事の発覚は、来年以降に順次再稼働させていこうとしていた矢先の出来事だった。市民の不信感などから地元が態度を硬化させ、今後の再稼働に障害となる可能性もある。原発のトップランナーの関電のつまずきは、国内の原発施策にも影響を及ぼしそうだ。

 27日に記者会見した岩根茂樹社長は「信頼回復を進めていきたい」と声を絞り出した。ただ、高浜原発が立地する福井県高浜町では「一時的にあずかったという関電側の説明は不誠実で信用できない」(50代女性)など、不信感が広がる。

 関電は国内9電力で初の原発の営業運転にこぎつけ、福井県内に11基を建設。震災前は電力の約半分を原発でまかない「原発王国」を築いた。

 震災後に全原発が停止、4年連続の赤字や2度の電気料金の値上げなどがあったが、高浜3、4号機を皮切りに大飯3、4号機(同県おおい町)も再稼働。現在国内で稼働する原発9基の約半数を占める。来年以……(中略)…… 基盤への悪影響が懸念される。原発は低コストの発電とされてきたが、世界的に安全基準が強化される中、対策費が増え、リスクも高まっている」と指摘する。

 岩根社長は今年6月から大手電力でつくる電気事業連合会の会長に就任。八木会長も平成23〜28年に会長を務めた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース