歌詞とミュージックビデオで外国語を学ぶアプリ「Lirica」、ソニーミュージックから100万ドルの資金調達

ミュージックビデオを見ながら、外国語の歌詞で語学を学べるモバイルアプリを開発する、ロンドンの音楽スタートアップ「Lirica」が100万ドル(約1億円)をシードラウンドで調達した。投資ラウンドにはソニーミュージック、Veridian Venturesと個人投資家が出資している。

2018年にローンチした「Lirica」は主にスペイン語の単語や文法、スペル、リスニングスキルなどをラテン音楽のミュージックビデオを見ながらクイズ形式で学ぶことができ、ユーザーは語学レベルに合わせてキュレーションされた曲から選曲する。英語に翻訳されたスペイン語の歌詞を見て覚えるだけでなく、曲の途中で出題される問題を解きながら語学を学ぶ。

曲が終わっても歌詞にちなんだ「チャレンジ問題」が出題され、学習レベルをチェックしたり復習ができる。チャレンジでは正解に応じてスコアがカウントされ、正解の数だけスコアを上げられる仕組みも導入されている。

Liricaはフリーミアム・モデルを導入している。6曲までは無料で試すことができるが、それ以外は月額4.99ドルの……(中略)…… n=EdSurgeBuffer" target="_blank" rel="noopener">Lirica Raises $1 Million to Improve App for Language Learning Through Song (EdSurge)

記事の全文を読む⇒(All Digital Music) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース