なぜジャーナリストへのパスポート発給拒否が起こる? 当事者が警察・外務省からの圧力を告白

ジャーナリストに外務省がパスポートの発給を拒否する、という事態が起こっている。ジャーナリストの常岡浩介さんは、今年2月、取材のため中東イエメンに渡航を予定していたが、外務省からパスポート返納を命じられ、出国できなくなった。そして4月、国を相手に処分取り消しを求めて東京地裁に提訴した。旅券返納から半年が立ち、常岡さんは旅券の再発行を申請していたが、外務省から正式に「発給拒否」の回答があったという。同じくフリージャーナリストの安田純平さんも外務省よりパスポートの発給拒否を受けているが、なぜ日本はふたりにパスポート発給を拒否するのか? 常岡さんをゲストにお迎えし、詳しい話を伺った。

【9月19日(木)のオンエア:『JAM THE WORLD』の「UP CLOSE」(ナビゲーター:グローバー/木曜担当ニュースアドバイザー:堀 潤)】

■出国直前に突然のパスポート発給拒否

今年2月、イエメンに取材に出かけようとしていた常岡さんは、空港のゲートを通ろうとしたところ、自分のパスポートが登録されていないという事実に気が付いた。空港スタッフからは、旅券返納命令が出され……(中略)…… ・火・水・木曜 19時-21時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/jamtheworld/

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース