紀子さまがお誕生日文書の「控えたい」に込められた真意

 長女・眞子さまと小室圭さんとの結婚が暗礁に乗り上げた秋篠宮家。先日、お誕生日に文書回答をなさった紀子妃は、この難題への揺るがぬご決意を示唆されていた。

 ***

 それはまるで「行間を読む」べく促しておられるかのような言い回しだった。さる11日、53歳のお誕生日を迎えられた紀子妃が回答なさった文書には、長らく「結婚問題」に苛(さいな)まれる眞子さまに対し、母親としての“ご決意”が込められていたのだ。

 宮内庁担当記者が言う。

「事前に記者会がお渡しした質問は三つで、それぞれ『皇嗣妃になられたご感想と抱負』『3人のお子さま方の近況』『眞子さまと小室さんの現状と今後』というもの。中でも3問目は国民が最も知りたい関心事で、ご回答が注目されていました」

紀子さま

 が、これに紀子妃は、

〈長女はさまざまな思いを抱えていると思います。このような状況で、気持ちを推測してお伝えすることは控えたいと思います〉

 つまりは6月の欧州ご訪問に際して秋篠宮さまが述べられた、

〈娘から話を聞いておりません〉<……(中略)…… にとっては煙たい存在と映っているのは間違いありません」(同)

 冒頭で触れた紀子妃のメッセージからは、ご一家が迎えるであろう未来への悲壮なご決意が見てとれる。どうやら「試練の秋」となりそうな気配である。

「週刊新潮」2019年9月26日号 掲載

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース