メディア露出激減の豊原功補 「時効警察」出演にファンは安堵

 やきもきしていたファンも多かったようだ。

同時期に破局報道…小泉今日子と磯野貴理子に“失敗”共通点

 10月11日からスタートするテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ「時効警察はじめました」。2006年に放送された「時効警察」の第3シリーズで、当時、熱狂的なファンを生み出しことで知られる。

「時効警察」は、総武署の“時効管理課”のメンバーを中心に、ゆるいテンポで展開するシュールな推理コメディーで、時効になった事件を趣味で捜査する警察官・霧山修一朗を演じたのはオダギリジョー(43)、霧山に片思いしていたヒロイン三日月しずかを演じたのは麻生久美子(41)である。

 07年放送の第2シリーズ「帰ってきた時効警察」の放送終了直後から、ファンは続編制作を熱望。12年経ってそれがかなったわけだが、続編の制作発表後、ファンの間では新たな心配事が生まれていたようだ。

〈十文字疾風(はやて)、出るよね?〉〈十文字役の俳優が変わっちゃうなんてこと、ない?〉というもの。ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう話す。

「十文字……(中略)…… を制作し、若手を育てることにも精を出している。2人の愛の形には賛否あれど、十文字は豊原さんの当たり役ですから。彼以外の役者が演じるのは考えられないと制作サイドも決断したのでしょう」(山下真夏氏)

 舞台で鍛えた演技力を武器に、ひと皮むけた“十文字疾風”が期待できそうだ。 記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース