延期されていたJAXAのこうのとり8号機打ち上げがライブ配信

[embedded content]

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は日本時間9月25日1時5分頃、実験物資と小型衛星のペイロードを国際宇宙ステーション(ISS)へとに打ち上げる。ペイロードは三菱重工業のH-IIBロケットにより、無人輸送機のこうのとり8号機(HTV8)に搭載され、科学実験装置やISSで使用されていた古いニッケル水素電池の代わりに使用される新しいリチウムイオン電池を届けるため、ISSとランデブーする。

このミッションはHTV8というコードネームで呼ばれ、三菱重工業によるこうのとりを用いた8回目のミッションだ。打ち上げは種子島宇宙センターから実施される。なお今回の打ち上げは、前回の打ち上げ前に発射台からの小規模な出火が発生し、原因を究明し解決した後の二度目のものである。

H-IIBロケットは液体酸素を燃料とするセンターコアと、推力を向上させるためにセンターコアを囲む四つの固体燃料ブースターを設置した使い捨てロケットであり、静止トランスファ軌道なら1万8000ポンド(約8.1トン)、地球低軌道なら3万6400ポンド(約17……(中略)……

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース