三浦一馬(バンドネオン)が語る~憧れのラカトシュ・アンサンブルと新たな「音楽」の地平へ

ジプシー・ヴァイオリンの名手、ロビー・ラカトシュ率いるラカトシュ・アンサンブルが初来日したのは、1999年のこと。目にも留まらぬ超絶技巧と奔放なソロ、そしてカイゼル髭を蓄えたラカトシュの風貌。その全てが聴くものを、魔術のような舞台へと引き込んだ。アンサンブルの初来日から20周年を数えた今年、同アンサンブルと、日本バンドネオン界のプリンス 三浦 一馬(みうら かずま)との共演が、『ラカトシュ・アンサンブル with 三浦一馬』(11月15日(金)彩の国さいたま芸術劇場、11月18日(月)東京文化会館)として実現する。

ジプシー音楽の伝統を引き継ぐロマ民族の名門に生まれたロビー・ラカトシュを中心にした同アンサンブルは、ルーツであるハンガリー民謡やジプシー音楽を中心に、クラシック、ジャズと幅広いジャンルを融合させ独自の音楽性を築いてきた。片や、三浦は、タンゴやピアソラのみならず、クラシックやジャズなど、ジャンルを超えてバンドネオンのもつ可能性を切り拓いている。本共演では、ハンガリーとブエノスアイレスの薫りだけでなく、両者の出会いによるシナジーも起こりそうな予感だ。今月末……(中略)…… 奈川県/横浜市文化観光局/tvk/テレビ埼玉/BSフジ/FMヨコハマ/J:COM

■企画制作:イープラス/Zeppライブ/電通

■制作協力:クリエイティブマンプロダクション

■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース