武井壮が前澤友作氏の広報に立候補?「ぶっちゃけ給料いらない」

 タレントの武井壮(46)が23日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月〜金曜後9:00)に生出演し、ZOZO(ゾゾ)の前澤友作前社長(43)が募集した広報スタッフのポストに色気を示した。

 前澤氏は20日、ツイッターで「緊急求人募集」として、自身の新しい活動を支える秘書と広報を募集すると発表した。広報に求める条件を「SNSを積極的に使っている、高いコミュニケーション能力」などと紹介するスタジオのモニターを見た武井は、「広報のこの要件、ほぼ俺なの。ほぼほぼ、俺なの」と強調。身振り手振りを交えて、「前澤さんと仕事するなら給料なんかいくらでもいい、ぶっちゃけ。前澤さんと新しいビジネス作っていくのに給料なんかぶっちゃけいらないくらい。楽しい時間を過ごして、自分も絶対メリットがあるし、前澤さんにもメリットを提供することもできるから」と力説した。

 23日に前澤氏が「僕の借金は約600億円です。株を担保に入れたローンを組んでいます」とツイートしたことにも触れ、「600億円投資している場所があるか、使えるものを持っているってことなんで、こんな人いないでしょ。事業資金600億円……(中略)…… る人なんていないから。次、何やっても絶対成功しますよ」と絶賛した。

 この熱の入れように共演陣は「これは本気」「目が本気だな」と次々に指摘。タレントの重盛さと美(31)は、「私は週3休みがいいので、今の会社のほうがいいです」とマイペース発言で和ませていた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース