BiSHアイナ、夢の城ホールワンマンで清掃員に誓う「最高を更新していく」

BiSHが昨日9月23日に大阪・大阪城ホールにて単独公演「And yet BiSH moves.」を開催した。

初の首都圏以外でのアリーナ公演となったこの日のライブのチケットは完売。会場には1万2000人の清掃員(BiSHファンの呼称)が集まり、大阪出身のアイナ・ジ・エンドの長年の夢だったという大阪城ホール公演を見届けた。

「And yet BiSH moves.」の様子。

ライブは幕張公演の映像演出も務めた山田健人(yahyel)が手がけたオープニング映像で幕開け。ステージに設置された5つのLEDモニターに、白と赤の衣装に身を包んだBiSHが登場すると大きな歓声が沸き起こった。そしてバンドメンバーの演奏に乗せてインディーズ時代の「BUDOKANかもしくはTAMANEGI」を皮切りに、レーザー、火柱、巨大なミラーボールの演出を交え「GiANT KiLLERS」「MONSTERS」「DEADMAN」といったナンバーを立て続けに披露した。「SHARR」で彼女たちは真っ赤な衣装への早替え……(中略)…… <アンコール>22. GRUNGE WORLD23. BiSH -星が瞬く夜に-<ダブルアンコール>24. ALL YOU NEED IS LOVE

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース