WhatsAppで薬の配送サービスを提供するインドのDigi-Prex

インドのスタートアップがWhatsAppのユーザー数を利用したビジネスを開発している。WhatsAppはインドで最も人気があるアプリで、国内に4億人以上のユーザーを抱える。

創業7カ月のDigi-Prex(ディジ・プレックス)はハイデラバードで慢性疾患患者向けのオンライン処方薬局を開いた。患者は処方箋をWhatsAppでDigi-Prexに送信し、Digi-Prexは定期的に薬を患者に送付する。

Digi-Prexのサービスは配達だけではない。薬が必要となる時期を患者自身が管理しやすくしたり、薬による改善が見られるかどうかをDigi-Prexがチェックする。ハイデラバードでこれまで数千人の顧客を集めたと、Digi-Prexの創業者であるSamarth Sindhi(サマース・シンディ)氏はインタビューでTechCrunchに語った。

Digi-Prexは有力ベンチャーキャピタル数社が参加したシードラウンドをクローズした。インドのスタートアップにとって最大のシードラウンドの1つとなった。

Khosla Ventures、Ve……(中略)…… ery-india/" rel="noopener">原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース