ジャズ・ピアニスト細川千尋のメジャー1stアルバムリリース記念ライブが決定 コメント動画が到着

2020年1月31日(金)紀尾井ホールにてピアニスト・細川千尋のライブ『クラシック×ジャズ2020~細川千尋プレイズ・ビル・エヴァンス ラヴェル・ジャズ』が開催されることが決定した。

細川千尋は、富山県出身のジャズ・ピアニスト。2013年、スイスのモントルー・ジャズ・フェスティバル・ソロ・ピアノ・コンペティションにて、日本人女性初のファイナリストとなり、各地のジャズ・フェスティバルへの出演や、オーケストラとの共演、イタリア、スイス、ベルギーでのソロ・ピアノリサイタルなど、幅広いジャンルの演奏活動を国内外で行っている。また、作曲も行っており、クロスオーバーなオリジナル曲とトークも交えたソロ・ピアノコンサートは高い評価を得ている。

2019年9月18日(木)、メジャー1stアルバム『My Variations』をリリース。今回のライブや、このアルバムリリースを記念して行われるものだ。本アルバムは、アメリカのジャズ・ピアニスト ビル・エヴァンスの魅力に迫った内容で、1月のライブでは、ビル・エヴァンスの楽曲のほか、モーリス・ラヴェル=細川千尋「ラヴェルの主題による……(中略)…… 川千尋 / 弦楽四重奏とピアノのための組曲(仮)

細川千尋 / 黎明-Reimei-

モーリス・ラヴェル=細川千尋 / ラヴェルの主題による“ジャズ”狂詩曲

モーリス・ラヴェル / 亡き王女のためのパヴァーヌ

細川千尋=ラヴェル / ツィガーヌ

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース