1000万円超えのポルシェに値切り交渉 いくら安くなるのか

 2度にわたって延期されてきた消費増税もついに実施のとき。来る10月に入る前にお得に買い物を済ませるべく、取材班が直接現場に赴き、値切り交渉をしてきた! 今回は新車と中古車。国産車だけでなく1000万円超えの高級外車・ポルシェではいくら安くなったのか、値切り交渉してみた結果は――

◆値切り交渉で狙うべきお店

 ステータスでもあり家族旅行の際も便利なクルマだが、購入費はどうしても高額。そこで、新車と中古車をそれぞれ値切るべく、自動車ライターの小鮒康一氏にアドバイスをもらった。

「9月は増税前というだけでなく決算期でもあるため、各社販売目標に到達すべく、値切り交渉がしやすい時期です。もちろん乗りたい車種を買うのが一番ですが、新車購入で狙い目なのは不祥事があった日産か三菱。そのなかでもnoteは人気車種で市場にたくさん出回っているため、値切りのチャンス大。一方マツダは、一時期、値下げしまくっていたことが響いてブランド価値が下がってしまっており、その復興のために値切りにはなかなか応じてくれません」

 では、狙うべきお店は?

「どのディーラー……(中略)…… てご確認ください。車庫証明など必要書類の準備期間も必要になります。ご注意ください※2019年10月1日、自動車の税が大きく変わります。車種による違いなど総務省のページをご確認ください

<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[全部、値切ってみた]―

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース