NAOTO×宮本笑里「ジャンルにとらわれず自由に音楽を楽しんで」 二度目のスタクラフェスはヴァイオリンの”歌声”を

国内最大の野外型クラシック音楽祭『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019(通称・スタクラ)』が2019年9月28日(土)、29日(日)に、横浜赤レンガ倉庫特設会場で開催される。クラシックの名曲から、スクリーンを彩る映画音楽、ミュージカル音楽まで、さまざまな楽曲を楽しむことができるイベントに今年も、ヴァイオリニストのNAOTOが出演する。『ブランチ on クラシック』と題し29日(日)に行うステージには、同じヴァイオリニストの宮本笑里、尺八奏者の藤原道山をスペシャルゲストとして招き、この日のために準備した特別な楽曲で観客を沸かせる予定だ。9月初旬、東京都内のスタジオでリハーサルを行っていたNAOTOと宮本にスタクラの魅力や、ライブの聴きどころを語ってもらった。

ーー今年もスタクラの季節がやってきました。お二人は昨年も出演されていましたね。出演された印象はいかがでしたか。

NAOTO:日本で野外のクラシックフェスというのはあまりないので、まず開催していることがすごいことだなと思いました。クラシックは生音楽を届けるということを300……(中略)…… TAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019」公式WEBサイト:https://standupclassicfes.jp

■e+(イープラス):https://eplus.jp/

■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース