坂本真綾の4年ぶりアルバムはすべて新曲、川谷絵音や大沢伸一ら豪華面々が制作

坂本真綾がニューアルバム「今日だけの音楽」を11月27日に発売する。

今日だけの音楽(初回限定盤) 今日だけの音楽(通常盤)

前作「FOLLOW ME UP」から約4年ぶり10枚目のオリジナルアルバムとなる今作は、“今日聴くのと、明日聴くのとでは意味が変わってしまう、今日だけの音楽”をテーマに制作され、収録曲はすべて新曲。坂本にとって既発曲を一切入れないフルアルバムは、2003年の「少年アリス」以来16年ぶりとなる。

楽曲制作に携わったのは、川谷絵音(ゲスの極み乙女。、indigo la End、ichikoro、ジェニーハイ)、大沢伸一(MONDO GROSSO)、堀込泰行、荒井岳史(the band apart)、渡邊忍(ASPARAGUS)、伊澤一葉(the HIATUS)、北川勝利(ROUND TABLE)、SIRA、古川麦、一倉宏、岩里祐穂といったそうそうたる顔ぶれ。初回限定盤はBlu-ray付きで、ショートムービー「今日だけの音楽」が収録される。

坂本真綾「今日だけの音楽」収録曲

01. はじまり
……(中略)……

10. ディーゼル[作詞:岩里祐穂 / 作曲・編曲:古川麦

11. 今日だけの音楽[作詞・作曲:坂本真綾 / 編曲:山本隆二]

記事の全文を読む⇒(音楽ナタリー) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース