いきものがかり・水野が抱く、ストリーミングサービスへの危機感。聴く音楽の「タコツボ化」とは

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜ナビゲーター:水野良樹)。9月16日のオンエアでは、水野がミュージシャンの立場から、ストリーミングサービスへの危機感を語った。また、オンエア日が敬老の日だったこともあり、祖父母や両親の話も明かされた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月23日28時59分まで)

■ストリーミングサービスへの危機感

水野は、「HIROBA」というプロジェクトを行っている。考えること、つながること、つくることをもっと豊かに楽しみたいという思いのもと、いろいろなアーティストやクリエイターとの交流の場を、水野自身が作り出していく実験的なプロジェクトだ。

・「HIROBA」公式サイト
https://hiroba.tokyo/

この日、水野は「場」について語った。「これからは、どういう場が楽しいか、気持ちいいか、ということが選ばれていくのではないか」と考えている。

水野:InstagramにはInstagramの、Facebookに……(中略)…… 番組名:『SPARK』放送日時:月・火・水・木曜 24時-25時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース