牧阿佐美バレヱ団だけの痛快活劇~『三銃士』がダルタニヤンを迎え冒険の旅へ


撮影:鹿摩隆司

2019年10月5・6日に牧阿佐美バレヱ団が『三銃士』を上演する。映画やミュージカル、テレビドラマ、さらに宝塚歌劇場でも上演された、フランスの文豪アレクサンドル・デュマ原作の冒険小説のバレエ版だ。振り付けはロシアのアンドレ・プロコフスキーによるもので、バレヱ団では1993年に初演して以来、人気のレパートリーとして再演を重ねている。

3年振りの再演となる今回は、主人公ダルタニヤンにドミートリー・ソボレフスキー(スタニスラフスキー&ネミロヴィチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場バレエ シニア・プリンシパル)を迎える。ダルタニヤンと恋仲になるヒロイン・コンスタンス役にはベテランの青山季可のほか、光永百花が主演デビュー。三銃士にはポルトス役の清瀧千晴を筆頭に、アトスに水井駿介、アラミスに山本達史がやはり初役として配されるなど、前回公演とは全く違った舞台が期待できる。

今回は「三銃士」役の清瀧・水井・山本の3人とコンスタンス役の青山・光永に話を聞いた。(文章中敬称略)

[……(中略)…… ヤン:ドミートリー・ソボレフスキーコンスタンス:青山季可(5日)/光永 百花(6日)ポルトス:清瀧千晴アトス:水井駿介アラミス:山本達史ミレディ:中川 郁バッキンガム公爵:菊地 研(5日)/ラグワスレン・オトゴンニャム(6日)アンヌ王妃:茂田絵美子(5日)/佐藤かんな(6日)ルイ13世:今 勇也 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース