スタジオアーキタンツ が2020年夏、設立20周年を記念し「ARCHITANZ 2020」「ブライト・ステップ×ATP」を開催


2020年8月6日(木)、8日(土)、9日(日)、スタジオアーキタンツ20周年記念事業として「ARCHITANZ 2020」「ブライト・ステップ×ATP」が東京・新宿文化センター大ホールで行われる。これは国内外で活躍するダンサーたちが集う要注目の公演だ。来夏の公演に向けて、2019年8月20日(火)、記者会見が行われ、ジョヴァンニ・ディ・パルマ、酒井はな、菅井円加、西島勇人が出席した。なお、会見前に『ラフマニノフ ピアノコンチェルト第3番』(振付:ウヴェ・ショルツ)のリハーサルが公開され、ディ・パルマが菅井を指導した。

日本と世界をつなぐ交流・発信の場

スタジオアーキタンツの存在を抜きに日本のバレエ&ダンスを語れない。2001年、東京都港区海岸にアーキタンツ東京湾スタジオとして生まれ、2007年には拠点を芝浦一丁目の倉庫を改装したスペースに移転した。年間365日ダンスクラスを開講し、国内外で活躍する講師陣が指導にあたるオープンスタジオとして舞踊関係者やダンサー志望者に親しまれている。同時に劇場公演やスタジオパフォーマンスを行い、意欲的な作品を世に問う。<……(中略)…… )出演:酒井はな、小

㞍健太 他

『ボレロ』(世界初演)振付:森優貴出演:中川賢、竹内春美 他

『翁』(古典能)出演:シテ方 津村禮次郎

プレイガイド先行発売予定 2019年12月9日(月)

お問合せ:スタジオアーキタンツ 03-5730-2732

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース