「日朝関係は悪化の一途をたどっている」北朝鮮大使が言及

北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使(左)と乾杯する金丸信吾氏=18日、平壌(共同)

 【平壌共同】北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使は18日、平壌を訪問している故金丸信・元自民党副総裁の次男、信吾氏らと懇談した。宋氏は「朝日間の関係は正常な関係はおろか、悪化の一途をたどっている」と述べた。

 安倍晋三首相は前提条件なしで金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談開催に意欲を示しているが、日朝関係の進展は困難な情勢だ。

 宋氏は「わが国の自主権を尊重する世界各国や日本の皆さんとの友好関係を発展させるため、絶えず努力していく」とも述べた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 。

 安倍晋三首相は前提条件なしで金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談開催に意欲を示しているが、日朝関係の進展は困難な情勢だ。

 宋氏は「わが国の自主権を尊重する世界各国や日本の皆さんとの友好関係を発展させるため、絶えず努力していく」とも述べた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース