ペットボトル飲料の注意点 口飲みで菌繁殖…早めの飲み切りを

ペットボトル飲料で多い「カビ汚染」報告これまでに、ペットボトル飲料による食中毒の報告は見あたりません。しかし厚生労働省によると、ペットボトル飲料を含む清涼飲料水に関する苦情は、毎年、地方自治体やメーカーへ報告されています。主な苦情の内容は「微生物の汚染」で、その7〜8割が「カビ」でした。

ペットボトル飲料は安全だと考えてよいのか、どのような点に注意する必要があるのか。身近なペットボトル飲料について正しく知っておきましょう。

未開封ペットボトルは安全性が高い! 未開栓なら賞味期限後も大丈夫?日本では、企業努力により食品衛生法に基づいた生産と徹底した品質管理が行われています。ペットボトルは開栓されるまで菌の侵入がしっかり防がれ、安心して飲める状態で市場に出回っています。

賞味期限切れでも開栓していなければ飲めると考える方が多いようですが、実際、開栓していなければ賞味期限が切れたからといってすぐに腐ってしまうようなことはありません。

ただし、賞味期限が切れると品質が少しずつ劣化してしまうため、風味なども損なわれる可能性はあります。

そしてその反対に、賞……(中略)…… _source=livedoor&utm_medium=af&utm_campaign=480324&utm_from=guide" target="_blank">(文:南 恵子(NR・サプリメントアドバイザー / 食と健康ガイド))

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース