低所得者たちが実践する驚異の節約術 「ティッシュは干して再利用」

 老後資金2000万円と言われても、貯金ゼロという人は多いはず。だが、なかには低所得なのに1000万円近い貯金をしている人もいる。そんな涙ぐましいドケチ節約術を紹介。これを読めば、老後資金の貯め方が見えてくる!?

◆貧者のドケチ節約術

 まずは、日常生活で実践しているとういう驚くべき節約術を一気に紹介。

「ティッシュって2枚になっているじゃないですか? それをうまく剥がしては1枚ずつにするんです。さらに1回使っても、干して再利用すれば、まだまだ使えますよ」(41歳・フリーター・年収350万円)

「ペットボトルのお茶を約5ℓに薄めて飲みます。これで1週間は飲み物に困らない」(34歳・IT関連・年収310万円)

「飲食店で提供される紙の使い捨てのお手拭きは、当然お持ち帰りですね。店員さんに言って、大量にもらいます。けっこう頑丈にできているので、濡らせば何度でも濡れティッシュとして使える。あとマスクなんかも捨てるのがもったいない。あれは雑巾代わりになるので、よく使い終わったあと、風呂場の排水口のゴミ掃除や、レンジ回りなんかで、よく使用しま……(中略)…… 、タダでずっと視聴可能です」

 節約前に0円デートでも、ドン引きしない女性と出会うのが最低条件だ。

(編集部注:規約違反の可能性あり、絶対に真似しないでください)<取材・文/週刊SPA!編集部>

―[低所得でも1000万円貯金術]―

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース