高齢者の誤飲に消費者庁が注意喚起 入れ歯で窒息した例も

 高齢者が薬の包装シートや義歯などを誤って飲み込まないように消費者庁が注意を呼び掛けました。

 消費者庁によりますと、65歳以上の高齢者が過去8年半の間に食品以外の物を誤って飲み込んだ事故は318件に上ります。飲み込んだ物としては錠剤など「薬の包装シート」が全体の3分の1以上と最も多く、次いで「義歯・詰め物」「洗剤・漂白剤」の順です。パンを食べていた80代の女性が喉を詰まらせた事故では、入れ歯が気管に詰まったために窒息して2日後に亡くなりました。このような事故の約6割は女性で、年代が上がるにつれてその割合が増えていくということです。消費者庁では、飲食物とそれ以外の物は別の場所で保管するなどの対策を呼び掛けています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 0代の女性が喉を詰まらせた事故では、入れ歯が気管に詰まったために窒息して2日後に亡くなりました。このような事故の約6割は女性で、年代が上がるにつれてその割合が増えていくということです。消費者庁では、飲食物とそれ以外の物は別の場所で保管するなどの対策を呼び掛けています。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース