ヒースロー空港でドローン飛行を計画した環境保護活動家らを英警察が逮捕

英警察が環境保護活動を行うグループの活動家らを逮捕した。このグループは先月、英国で最も忙しいヒースロー空港で、ドローンを飛ばして航空機の離発着を阻止すると発表していた。

Heathrow Pause(ヒースローポーズ)と自称するこのグループは、同空港の3本目の滑走路建設にゴーサインを出した政府の決定に抗議している。

ロンドン警視庁は、9月13日のプレスリリースでヒースロー空港の取り締まりについて発表し、今朝早くから開始される予定だったドローンを使った抗議行動に関連して、昨日からこれまでに9人を逮捕したと述べた。

ヒースローポーズによれば、最大200人がおもちゃのドローンを飛ばすことに賛同したという。空港から5kmの範囲のドローン「飛行禁止」区域内で地上数フィートを飛ばす予定だったようだが、ドローンの飛行に関する英国の法律上、厳密に言えば違法行為だ。グループは、小型ドローンのみを頭の高さで、しかも飛行経路外で飛ばす予定だったと説明していた。また、抗議のかなり前に警察と空港に計画をはっきり伝えていた。

ロンドン警視庁は今日「こ……(中略)…… >

(翻訳:Mizoguchi)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース