アップルは子ども向けアプリとサインイン機能に関してApp Storeのルール変更を修正

当初6月に発表された「Sign in with Apple」(Appleでサインイン)のサービスと、子ども向けのアプリのカテゴリに関するルールを含むApp Storeポリシーの変更に、さらに修正の手が加えられた。新しいアプリは、ただちに修正後の条件に準拠する必要があるが、既存のアプリについては、2020年の初頭まで新ルールへの適合が猶予される。

今年6月のApple(アップル)のWWDCでアナウンスされた変更は、重大なものだった。それだけに、デベロッパーの間に懸念を抱かせることになった。子ども向けのアプリの世界では、広告収入に頼らずにビジネスを展開することは厳しいため、その新しいルールがデベロッパーの動きを制限することになる可能性があると考えられたからだ。

Appleのフィル・シラー(Phil Schiller)氏は、TechCrunchとの短いインタビューで、6月に発表したルール変更に関して、デベロッパー、分析会社、広告会社の意見を聞くための時間を設け、それを受けて変更内容に修正を加えたことを明らかにした。

今回の修正……(中略)…… >(翻訳:Fumihiko Shibata)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース