ヴァイオリニスト・諏訪内晶子が芸術監督を務める『国際音楽祭 NIPPON 2020』記者会見 ベートーヴェン生誕250年を祝うプログラムなど多彩に


ヴァイオリニストの諏訪内晶子が2019年9月13日、芸術監督を務める『国際音楽祭 NIPPON 2020』の記者会見を東京・帝国ホテルで行った。東京、名古屋、釜石で、2月14日から3月15日まで開かれる音楽祭は、今年で6度目。恒例となっているオーケストラとの共演のほか、来年生誕250年を迎えるベートーヴェンにちなんだプログラムも準備。初開催される『室内楽プロジェクト』では、諏訪内が盟友らと共にブラームスの『ピアノ三重奏第3番』、ドヴォルザークの『ピアノ五重奏第2番』などの難曲に取り組む。

3会場で7つの企画、11公演を行うビックプロジェクト。幕開けの2月14日は東京オペラシティコンサートホールで、諏訪内が10年来共演しているピアニストのニコラ・アンゲリッシュと『オール・ベートーヴェン・プログラム』と題したプログラムで『ヴァイオリンソナタ・第5番「春」』など3曲を演奏する。

諏訪内は「ニコラさんとは、ヴァイオリンソナタの第7番と、第9番でレコーディング(2008年)をしていました。しばらく共演をしていませんでしたが昨年、『アルゲリッチ・フェス……(中略)…… アンリ・ドゥマルケット(チェロ)ホーヴァル・ギムセ(ピアノ)

「公開マスタークラス 『ヴァイオリン Violin】~次世代を担う若い才能を育てる」<日程・場所>2020年3月14日(土)・15日(日)東京音楽大学 池袋キャンパス

講師:諏訪内晶子 スヴェトリン・ルセフ 

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース