川谷絵音が「ここまで芯がある人にはなかなか出会わない」と称賛した、歌手・声優の結城萌子

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「MUSIC+1」。9月10日(火)のオンエアでは、歌手・声優の結城萌子が登場。8月28日にリリースしたメジャーデビューシングルEP『innocent moon』について話を訊いた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月17日28時59分まで)

■川谷絵音が作詞作曲・菅野よう子やクラムボンのミトらがアレンジャーに!

結城は2019年1月公開の長編アニメーション映画『あした世界が終わるとしても』で声優デビューした。その前から歌手活動をしており、川谷が結城に声をかけたことがきっかけで、ともに音楽活動をすることが決まった。

全4曲が収録された『innocent moon』は、すべて川谷絵音が作詞・作曲を手がけている。アレンジャーには菅野よう子、クラムボン・ミト、[email protected]、ちゃんMARIが参加。プロジェクト監修は冨田明宏が務めている。

結城:豪華なクリエイターの……(中略)…… STEP ONE』放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース