「性格悪い」と批判される広瀬すず「美少女の宿命」か

「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。ライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。第30回 広瀬すず

 NHK連続テレビ小説100作目の『なつぞら』。ヒロインを女優・広瀬すずが演じています。視聴率も好調なようです。

【写真】ミニスカ姿で子どもの運動会に参加する広末、打ち上げでの広瀬すず

 その広瀬すずが、番組の公式ツイッターアカウントが配信した動画がもとで、ちょっとした炎上に巻き込まれたことをご存じでしょうか? 番組内で、広瀬演じるなつが出産し、母となります。動画では、出演者である新生児の赤ちゃんを、夫役の俳優・中川大志がおそるおそる抱っこします。その真剣さ、ぎこちなさがおかしかったのでしょうか、広瀬が指をさして笑っています。この行動に、ネットでは「性格が悪い」とか「人としてどうか」という意見が上がりました。

 広瀬の発言は、前にも物議をかもしたことがあります。

 2015年に……(中略)…… steady.』などにタレント論、女子アナ批評を寄稿。また、自身のブログ、ツイッターで婚活に悩む男女の相談に答えている。2015年に『間違いだらけの婚活にサヨナラ!』(主婦と生活社)を発表し、異例の女性向け婚活本として話題に。好きな言葉は「勝てば官軍、負ければ賊軍」。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース