農水産物を生産者から直接購入できる「ukka」がリニューアル、サブスクなど4つの購入方法が利用可能に

食材のオーナー制度プラットフォーム「OWNERS(オーナーズ)」を提供するukkaは9月13日、ユーザーの多様なニーズに柔軟に対応できるよう、サービスをリニューアルしたことを発表。サービス名も企業名と同じ「ukka」に変更している。

今回のリニューアルにより、これまでも利用可能だった「オーナー制度」の枠組みを超えた商品の購入方法と機能が追加された。4つの購入方法は以下のとおりだ。

欲しい商品をいつでも購入できる「都度購入」 収穫や生産前から事前に予約注文を行う「予約注文」 気に入った食材が定期的に届く「定期購入(サブスクリプション)」 生産者の年間会員として、収穫など特別な体験ができる「Farm Membership(オーナー制度)」

ukka代表取締役の小林俊仁氏は「これまでOWNERSは、『予約注文』や『オーナー制度』を軸として発展してきた」と話す。これらの販売方法は、生産者にとって「事前に必要量を確定させることができる(ニーズ分だけ作付するなど、事前登録型じゃないと流通させることが難しいものを流通させられる)」、……(中略)…… 食べたいというニーズ、2つの引力により、食・農は二極化していく。コンテンツとテクノロジーの力を活かしながら、後者に必要とされるプラットフォームになっていきたいと思う」(小林氏)

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース