日本人作曲家の幻の曲に触れる『日本の作曲家 秘曲探訪 第1回(スリーシェルズ音楽祭)』が渋谷で開催

2019年9月21日(土)に、渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールにて『日本の作曲家 秘曲探訪 第1回(スリーシェルズ音楽祭)』が開催される。この音楽祭は1日に4つのコンサートが行われるところが大きな特徴だ。

【第1部 江崎昭汰ピアノリサイタル】

松村禎三 ピアノ独奏のための溺死
黛敏郎「幻想曲」「パストラーレ」「サラバンド」「子守唄」(12のプレリュードより)
諸井三郎 悲歌 ロ短調
木山光 スリーシェルズ


第1部は国内外で学んだ江崎昭汰が登場。江崎は世界中のピアノの秘曲を探求して、その楽譜を出版していく会社「ミューズプレス」の代表もつとめる若きピアニストだ。今回は、ミューズプレスで出版された楽譜や出版予定の作品を含む選曲となった。

松村禎三の作品リストでその名は知られていたが、これまで演奏されなかった「溺死(灰色の風景)」は、結核で芸大へ入学することができずに死の淵をさまよった作曲者の心境をも想起させる。ほかに黛敏郎が作品第0番と記した「プレリュード」や、諸井三郎の「エレジー」の演奏、木山光……(中略)…… 変奏(1987)

深井史郎 3つの特徴ある楽章のうちの一つ(1934)

團伊玖磨 小学 四、五、六年の音楽(1946)

芥川也寸志 弦楽四重奏曲(1947)

※各部の順番、スタート時間は目安です。変更もあります(終演は20時半~21時の予定)

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース