コーエーテクモが今秋リリース予定のアプリ「三国志ヒーローズ」、「将棋ウォーズ」で知られるHEROZのAI「臥龍」を搭載

左から、コーエーテクモホールディングス代表取締役社長の襟川陽一氏、HEROZ代表取締役COOの高橋知裕

オンライン将棋対戦「将棋ウォーズ」などで知られるAIスタートアップのHEROZは9月12日、コーエーテクモゲームスとの共同開発により、AIバトルボードゲームの「三国志ヒーローズ」をスマホ向けアプリとして2019年秋に配信することを発表。狙いはこのスマホゲームによりHEROZのAI技術をより多くの人々に届けることだ。

三国志ヒーローズは、三国志をテーマとしたターン制バトルボードゲーム。HEROZいわく、「テーブルゲームの手軽さと、eスポーツの競技性を併せ持ち、将棋や囲碁のようにプレイヤーの知略が勝利に直結する」。

ポイントは、シングルプレイのモードでプレイヤーの相手となるAIとして、HEROZが生み出した「臥龍(GARYU)」が搭載されていること。HEROZは、将棋の電王戦で史上初めてプロ棋士を破り、その後名人に……(中略)…… たい。一方で、将棋となると少し難しいと思う人もいるかもしれない。このゲーム(三国志ヒーローズ)ではその難しさを極力なくしているが、脳みそで戦う。ファン層を広げていきたい」(高橋氏)。

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース