『OCTOPATH TRAVELER』ほか世界初公演の演奏も SQUARE ENIXゲーム音楽のオーケストラコンサートが開催決定

2019年12月14日(土)カルッツかわさきにて、SQUARE ENIX MUSICのオーケストラコンサート『Symphonic Memories-music from SQUARE ENIX』が日本初開催されることが決定した。

本コンサートは、2014年5月に開催されたコンサート『Final Symphony Tokyo music from FINAL FANTASY VI,VII and X』を手掛けたトーマス・ベッカーがディレクター・エグゼグティブプロデューサーを務めおこなわれるもの。オーケストラは神奈川フィルハーモニー管弦楽団、指揮にエケハルト・シュティーアを迎える。ゲームのデジタル音源をそのまま生の楽器で再現するのではなく、それぞれのゲームタイトル選りすぐりの楽曲で構成された4楽章からなる交響曲で、アレンジメントにストーリー性を持たせることによりゲームを遊んでいた頃の”Memories”を鮮明に蘇らせるコンサートになっているという。コンサートでは、今回の日本公演を記念して、昨年20周年を迎えた『Xenogears』とスクウェア・エニックスの新たなRPGとし……(中略)…… Final Symphony II) 作曲:植松伸夫

Xenogears(世界初公演) 作曲:光田康典

■主催:キョードー東京

■共催:カルッツかわさき

■企画:Merregnon Studios

■協力:スクウェア・エニックス

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース