【素朴な疑問】「おべんとうばこのうた」の弁当は美味しいのか? 歌詞のおかずを再現! 幼児に食べさせた結果

みなさんは「おべんとうばこのうた」をご存知だろうか。「これっくらいのー」で始まり、お弁当箱につぎつぎとおかずをつめていく歌だ。自分のお弁当、象さんのお弁当、アリさんのお弁当と手あそびを楽しんだ人もいるだろう。私(沢井)も大好きだった歌のひとつだ。

しかし思い返すと、歌詞に登場するものを子供の頃に食べたっけ……? というか実際に作ってみたらどんなお弁当になるの? 気になったので歌詞の通りに再現してみた!

・調理法がわからない

よーし、再現するぞー! と意気込んだところで、いきなり壁にブチ当たった。歌詞には、「にんじん、しいたけ、サクランボ」と素材の名は出てくるが、それがどう調理されたものか全く触れられていないのだ。どうするべ!?

この歌ができたのっていつ? それがわかれば調理法がわかるかもしれない。歌の誕生時期には諸説あるが、最初にテレビに出たのは1970年代後半だと言われている。

1970年代の家庭料理ということを考えると、和食と考えるのが無難だろう。サクランボ以外は全て一緒に煮物にすることも可能だが、それでは……(中略)…… かずが渋すぎたか。お弁当は弟の1歳児と母がいただきました。美味しゅうございました。

Report:沢井メグPhoto:Rocketnews24.

記事の全文を読む⇒(ロケットニュース24) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース