男女のお笑いコンビ「カフカと知恵の輪」相方と連絡取れずM-1を棄権

 男女のお笑いコンビ「カフカと知恵の輪」の小保内太紀が10日、ツイッターで相方・知恵の輪かごめの欠席により「M―1」1回戦を棄権したと報告した。相方のかごめはオーディション「ミスiD」に参加中で、2週間ほど前から連絡が取れていないという。

 「今日が『M―1』1回戦だったのですが、相方・知恵の輪かごめの欠席により棄権となったことをお詫び申し上げます。結成5カ月、『カフカと知恵の輪』として初めて迎えるM―1でした。コンビ結成しすぐメディアへの出演を頂いたり(中略)それなりに順調かもと思っていたのですが、このような形となってしまい申し訳ございません」と謝罪した。

 「知恵の輪かごめとは2週間ほど前から連絡が取れておりません」と報告。「僕が知恵の輪かごめにライブの出演者グループでの対応について注意したところ、知恵の輪かごめに1カ月前の別案件での僕のスケジュール管理ミスについて言及されました。そこで知恵の輪かごめから、今後の活動についてゆっくり考えます、と連絡がありました」と経緯を説明した。

 相方・知恵の輪かごめは今年8年目を迎えるオーディション「ミスiD」に参……(中略)…… 在ミスiD系の活動に注力しているようです。皆さまにはそちらを応援頂ければと思います」と呼び掛けた。

 2人は今春からコンビ結成。6月に小保内がツイッターで、お笑いの舞台上で相方かごめに対する「エロいイジり」があったと問題提起する投稿をして話題になっていた。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース