英国ロイヤル・オペラが4年ぶりに来日し『ファウスト』『オテロ』を上演~開幕記者会見をレポート

世界五大歌劇場のひとつである英国ロイヤル・オペラが2019年9月12日(木)~23日(月・祝)、4年ぶり6回目の来日を果たし『ファウスト』『オテロ』を上演する。9月6日(金)に東京都内で開幕記者会見が行われ、音楽監督/指揮者のアントニオ・パッパーノと5人の歌手が出席した。

名匠パッパーノ、見どころを語る

パッパーノは2002年から英国ロイヤル・オペラの音楽監督を務め、2010年、2015年の日本公演を成功させた。会見冒頭、同オペラの「唯一の海外ツアー」である日本での公演の喜びを話し、自ら指揮を手がける『ファウスト』と『オテロ』を紹介した。

アントニオ ・ パッパーノ  photo:Ayano Tomozawa

 グノー作曲『ファウスト』全5幕はフランス・オペラの名作で、第2幕「キャバレー 地獄」や幻惑的なバレエが入る第5幕のワルプルギスの夜の場面など華麗な見せ場も多い。

「2004年にデイヴィッド・マクヴィカーが演出したもので、最近では2019年4月に上演しています。ロンドンで非常に高い評価……(中略)…… 29シート 「横浜音祭り2019」特別料金 8,000円

※NBS WEBチケットのみで8月2日(金)20時から引換券を発売。公演当日小学1年生~29歳までの方が対象。座席指定はできません。座席指定券は公演当日のお渡しになります。公演当日、年齢が確認できる身分証をご提示ください。

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース