タイソン・ベンチャーズが植物原料エビのニュー・ウェーブ・フーズに出資

Tyson Foods(タイソン・フーズ)がシーフードの事業に乗り出している。同社のベンチャーキャピタル部門を通じてTysonは植物ベースのエビ代替品を作っている米国サンフランシスコ拠点のNew Wave Foods(ニュー・ウェーブ・フーズ)に出資した。

海洋生物学者のDominique Barnes(ドミニク・バーンズ)氏と、カーネギーメロン大学で生物医工学を学んだテクノロジー責任者Michelle Wolf(ミッチェル・ウルフ)氏によって設立された同社は、長らく消費財を担当してきたMary McGovern(マリー・マクガヴァン)氏が舵取りしている。

消費者がタンパク質源として牛肉を避ける傾向があるいま、シーフードマーケットには数十億ドルのチャンスがある。そしていくつかのスタートアップが植物由来のものや、従来のシーフードに代わる栽培されたタンパク質代替品を手がけている。

実際、Shiok Meats(シオック・ミーツ)は養殖の貝類に取って代わる、ラボで培養した代替品の開発を進めている。

Tysonにとって今回の出資は……(中略)…… )

TechCrunch Japanの最新記事を購読しよう 記事の全文を読む⇒(TechCrunch Japan) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース