カルピスが愛され続ける秘密「初恋の味」ができるまで

「ここ館林で長きにわたり製造させていただいていますが、実はこういった施設を造るのは初めてなのです。あらためて地域の方々との交流を含め、さらに『カルピス』を深く知っていただくために、100周年を機に造ることができたのは本当に感慨深いですね」

【写真】お好みのカルピスが味わえる、五感にピースな見学体験

カルピスのルーツはモンゴルにあり

 カルピスを展開する、アサヒ飲料株式会社の岸上克彦社長は館内を見渡して話す。かつては「味の素」の子会社に、そして現在、アサヒ飲料と合併した中で、岸上社長は元来からのカルピス“出身者”。それだけに思いは一入だろう。

 そう、カルピスが1919年に発売されてから、今年でちょうど100周年。そんな記念年に、群馬県館林市のアサヒ飲料群馬工場内に、カルピス初の常設見学施設『「カルピス」みらいのミュージアム』が新たにオープンする。

「実際に製造ラインも見ていただけますし、知識や歴史など、また発酵の香りを体験できる部屋もありますので、カルピスを肌で、五感で感じていただけたらと思います」(岸上社長)

 ガイドさ……(中略)…… 金/無料。所要時間90分、1日3回の開催10:00〜、13:00〜、15:00〜事前予約制 TEl:0276-74-8593(9:00〜17:00)https://www.asahiinryo.co.jp/factory/gunma休業日/年末年始、指定休日(要確認)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース