藤田真央、『スタクラフェス』は「聴衆としても行きたい!」 五嶋龍との初共演、映画『蜜蜂と遠雷』演奏曲も披露

2019年6月、第16回チャイコフスキー国際コンクール・ピアノ部門で第2位に入賞したばかりの藤田真央が、昨年に引き続き、『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2019』(通称:スタクラフェス)に出演する。今年のスタクラフェスは2019年9月28日(土)・29日(日)の2日間。藤田は10月に公開される映画『蜜蜂と遠雷』で風間塵の演奏を担当しており、28日(土)には福間洸太朗(ピアノ)、松下奈緒(ピアノ)、宮本笑里(ヴァイオリン)らとともに『クラシック in シネマ』(HABOR STAGE)と題したステージに立ち、劇中でも演奏したバルトークを披露する。オーケストラとの共演のほか、五嶋龍とのデュオも予定している藤田にスタクラフェスへの意気込みをきいた。

ーーまずはチャイコフスキー国際コンクールでの入賞おめでとうございます。藤田さんのチャイコフスキー国際コンクール入賞は日本でも大きな話題となっています。帰国して、何か変化はありましたか?

まわりは変わりましたが、私は何も変わっていません。私は、いつも通り、楽譜を見て、音楽を奏でて、良い音を……(中略)…… https://eplus.jp/■株式会社イープラス:https://corp.eplus.jp/ 記事の全文を読む⇒(SPICE)



ジャズクラおすすめ

関連ニュース