若年層だけがターゲットではない TikTok担当者が語る今後の展望

 ショートムービーアプリ『TikTok』といえば、女子高生らがダンスやリップシンク(口パク)する動画で話題となり、若年層を中心に一大ブームとなった。一方、今夏の新CMでは、俳優の中村倫也を起用し、動物やスポーツ、美しい風景動画を中心に紹介。どんな世代でも楽しめるアプリだと伝えている。若年層を中心としたブームの沸点を超え、変革期を迎えた『TikTok』は、ブームで終わらせず、普遍性を獲得すべく全世代を取り込むことができるのだろうか。同アプリを運営しているByteDance社の担当者に、展望を聞いた。

【写真】“リアル双子ダンス”で話題の「りかりこ」や現役女子高生モデルの「ゆうちゃみ」など美少女TikTokerたちを紹介

■著作権フリーで音楽利用できることを利点に、世界150ヵ国まで急成長

 そもそも『TikTok』は、中国発のショートムービーアプリだ。2017年8月にリリースされ、現在では世界150ヵ国75の言語で利用されている。ユーザー数は、日本国内だけで950万人に上るという(2018年12月末現在)。音楽に合わせて15秒のショートムービーを撮影して投稿……(中略)…… TikTok』を使って投稿したら、近くの地域の人々が気付いて助けてくれるかもしれない。災害時に『TikTok』が役に立てることはないか、模索しているところなんです。今後は、『TikTok』が社会に役立つアプリとして成長していかなければならないと考えています」(山口氏)

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース