いきものがかり・水野良樹が語る! 「元カノが泣きながら歌った曲」から誕生したラブソングとは? #jwave #sp813

J-WAVEで放送中の番組『SPARK』(月曜ナビゲーター:水野良樹)。9月2日のオンエアでは、リスナーからのメッセージに回答。いきものがかりのラブソングの誕生秘話が明かされた。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年9月9日28時59分まで)

■ラブソング『コイスルオトメ』の誕生秘話

リスナーから届いたのは、「水野さんにとってラブソングといえば何ですか?」という質問。水野が挙げたのは、GO!GO!7188の名曲『こいのうた』。水野が16歳の頃、初の彼女がカラオケで歌ったという思い出がある。

水野:彼女がこの曲を泣きながら歌ったんだよね。いま振り返ると不思議な光景なんだけど、女性はこういうふうにラブソングと繋がっているんだなと高校生ながらに思いました。

このときの経験が、いきものがかり『コイスルオトメ』に繋がっているという。

水野:この曲を作ったのは19〜20歳のとき。デビュー間近のときに恋の曲を作るように言われて、その当時は女性の恋心がよくわかっていな……(中略)…… SPARK』放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/spark

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース