発達障害のあるピアニスト・野田あすかが「生きる」意味を曲に込める『ピアノ・リサイタル2019』

ピアニストの野田あすかが、2019年11月17日(日)東京・稲城市立iプラザホール、12月22日(日)東京・トッパンホールにて、『ピアノ・リサイタル2019』を開催する。広汎性発達障害(自閉症スペクトラム)、解離性障害が原因で、いじめ、転校、退学、そして自傷、パニック、右下肢不自由、左耳感音難聴などで入退院を繰り返してきた野田。たくさんの悲しみと自分の障害と向き合ってきたからこそ、そこから生まれた美しい音色が多くの人の心に染みわたり、感動を呼んでいる。「金スマ」や「あさイチ」などに取り上げられ、今年はNHK交響楽団のメンバーと初共演することになり、話題のピアニストとして注目を集めている野田あすか。今年は作曲活動を中心にしてきた彼女が、今回のリサイタルでは、待望の自作の新曲を演奏する。しかも、初演となる。

今回のリサイタルは、クラシックと自作曲の2部構成。セットリスト(予定/順不同)は以下のとおりだ。

<第1部>クラシック
作者不詳:カッチーニのアヴェ・マリア/ドビュッシー:2つのアラベスク 第1番 ホ長調 第2番 ト長調/ドビュッシー:月の……(中略)…… 、坂口弦太郎(ビオラ)、山内俊輔(チェロ)、高橋希(ピアノ)、二山都(オーボエ)

曲目:野田あすかオリジナル曲「手紙~小さいころの私へ~」「生きる。」、N響メンバーとのコラボで、「モーツァルト/ピアノ協奏曲第20番(室内楽版)」やピアノ連弾 ほか

主催:NHK

記事の全文を読む⇒(SPICE) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース