横浜市で2360世帯に避難勧告 土砂災害の恐れ

 横浜市は3日夜、大雨の影響で土砂災害のおそれがあるとし、市内の一部計2360世帯の5087人に、避難勧告を出した。

 対象は西区、中区、南区、港南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区のいずれも一部で、「土砂災害警戒情報」が発表されたときに速やかに避難を促している「即時避難勧告対象区域」。

 気象庁によると、横浜市では3日午後9時現在で、大雨・洪水警報、雷注意報が出されている。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース)……(中略)…… 中区、南区、港南区、保土ケ谷区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区のいずれも一部で、「土砂災害警戒情報」が発表されたときに速やかに避難を促している「即時避難勧告対象区域」。

 気象庁によると、横浜市では3日午後9時現在で、大雨・洪水警報、雷注意報が出されている。

記事の全文を読む⇒(ライブドアニュース) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース