入浴は、なぜ「疲労回復」するの? 最適な温度と時間は? #jwave #ohayomorning

日々の疲れをとるためには、湯船につかることが大切だ。いったいなぜ入浴で疲労がとれるのか。疲労回復のためには「何度で何分」つかればいいのか? 『ハーバード×MBA×医師 働く人のための 最強の休息法』などの著書をもつ、順天堂大学医学部眼科学教室助教の猪俣武範が解説した。

【8月26日(月)『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』(ナビゲーター:別所哲也)の「SUNSTAR PLEASURE PICK UP!」】
http://radiko.jp/share/?sid=FMJ&t=20190902063038

■入浴が疲労回復につながる3つの理由

入浴が疲労回復にいい理由は3つある。

1.温熱作用
暖かいお湯で温められ、血管が拡張することで疲労が回復する。

2.浮力作用
浮力で筋肉が弛緩し、体の負担が減る。また筋肉に圧迫されていた血管や臓器への圧力が減り、疲れが取れやすくなる。

3.静水圧作用
https://www.j-wave.co.jp/original/tmr

記事の全文を読む⇒(J-WAVE NEWS) 

ジャズクラおすすめ

関連ニュース